薬でしみ治療

smiling happy girl

美容外科クリニックは、しみやシワを除去して美肌にするという治療を行っています。
別の記事で取り上げているように、レーザーやフォトフェイシャルといった方法で沈殿したメラニン色素を除去し、しみのないすっきりとしたお肌を取り戻すことができます。
とはいえ、「通院するのは面倒だから自宅でどうにかならないか」と考える人もいるでしょう。仕事が忙しい女性、家事が忙しい女性、いろんな事情を持つ女性もいると思います。
もちろん、その希望に応えることができます。美容外科クリニックでは薬の処方も行っているのです。
ハイドロキノンやトレチノインといった「塗り薬」や、トランサミンなどの「飲み薬」を出してくれます。ドラッグストアなどに行くとハイドロキノンクリームなどは気軽に買うことができますが、病院で処方してもらう医薬品としてのハイドロキノンは、市販のクリームよりも高い効果を発揮します。しっかり短期間で治療したいという人は、こちらを選びましょう。
ハイドロキノンやトレチノインは、お肌に浸透してメラニン色素を除去し、かつメラニン色素が沈殿してしまうのを防ぎます。しみ治療だけでなく、しみ予防の効果もあるのです。
また、この2つの塗り薬は、併用することで互いに補完し合い、より能力を高め合って効果を倍増させることができます。
一方、飲み薬のトランサミンはどちらかと言えば予防の効果を持つ薬で、メラニンが出来る前に、それを阻害する働きを持っています。
このように、しみは自宅でも治療できるのです。