確実なレーザー治療

beautiful girl is smiling

しみの中には、長い年月を経たお肌の上に出るものもあれば、まだ若いのにいろんな原因であらわれるものもあります。
基本的にはメラニン色素の沈殿という同じ現象が原因になるものですが、特に若い人は何だか歳をとったようで、精神的にもちょっとしたショックを味わうことになるでしょう。
若いうちのしみは、紫外線を浴びることで色素が沈殿する、という流れで出来てしまうのが一般的です。予防としては、紫外線が強い日には肌をしっかりカバーすること。UVカットの効果があるクリームなどを使ってお肌を守り、しみが出来ないようにすることが大事です。ただし、もし出来てしまったとしても、ちゃんと治療はできるので心配無用です。頬と目の間にポツポツと小さなしみがある、という程度ならレーザー治療ですぐに改善させることができます。
レーザー治療は、レーザーを照射し、そのパワーによって物理的に沈殿する色素を破壊し、除去するという方法です。
皮膚の最も外側にある細胞だけを取り除くので、たとえばほっぺたに穴があいたりするようなことはありません。時間もかかりませんし、ダウンタイムもそれほど長くありません。
ただし皮膚の表面の細胞が消え、しみのあった部分がしばらく繊細になっているので、新しい細胞が出来て元通りになるまで、今以上にしっかりお肌のケアをする必要があります。
神経質になりすぎる必要はありませんが、お肌に優しくUVケアをしっかりしてくれる化粧品などを活用しましょう。